5位 パテックフィリップ

1839年に設立されたパテックフィリップは、名実ともに世界最高のスイス高級時計メーカーとして世界中でその名を知られています。
パテックフィリップは複雑時計の製作でも類まれな技術を駆使し、数々の傑作を世に生み出してきました。
中でも20世紀前半にアメリカの自動車王パッカードと銀行家グレーブスが競ってパテックフィリップスに注文した幾多もの超複雑時計は、時計史の中でもエポックメイキングなエピソードとして有名です。
また、1989年、創業150周年を記念して発表された「キャリバー89」も世界を驚愕させました。
「キャリバ―89」は、33もの複雑機構を搭載する、世界で最も複雑な懐中時計です。
「キャリバー89」は、伝統あるパテック・フィリップの時計技術の集大成と言えるでしょう。
パテックフィリップの魅力は、数ある時計メーカーの中でも屈指の技術力と伝統のある長い歴史にあります。
パテックフィリップを愛用していた歴史的人物は、キュリー夫人やアインシュタイン、ウォルト・ディズニーなど、枚挙にいとまがありません。
現在、パテックフィリップは、数々のセレブリティや著名人を顧客に持っています。
日本では映画監督の北野武、日本プロ野球名球会会長、王貞治、サッカー選手の三浦和良など多くの著名人が愛用しています。
パテックフィリップは、世界中の時計愛好家から「人が手に入れることができる最高の時計」という最大級の賛辞を受けています。
ブランドを代表する「カラトラバ」は、不滅のクラシックであり、今もなおオリジナルのデザインを継承した現代モデルが作り続けられています。